二分の一成人式での話
0
    二分の一成人式での話。

    夢をもつことの意味。
    今、みんなはたくさんの夢を話してくれました。
    動物園にいる動物たち。例えばお猿さんが、「おれは、将来、東京の上野動物園に行ってお客さんを喜ばせてやるんだ。」
    なんていう夢をもっているとは思えませんね。ペンギンさんが「南極に戻ってそこでもとの暮らしをしたい。」なんと思っているとは思えません。
    夢をもつことは、私たち人間だけがもてるものです。だから、夢にむかってがんばることで人間性を高めることができると言えますね。
    では、どうすれば夢はかなうのでしょうか。
    手っ取り早い方法があります。
    なんでしょうか。わかりますか。
    (努力する。がんばる。一生懸命生きる。・・・)
    はい。
    夢をかなえる手っ取り早い方法。
    それは、きょうのようにたくさんの人がいる前で言えということです。
    つまり、自分の夢を沢山のひとに言いふらせ。
    ということです。
    そうすれば、夢に向かって頑張らざるをえなくなります。
    なぜなら、自分の夢を知っている人が必ず言ってくれるからです。
    「おい、あの夢、どうなった??」って。
    できてないよ、なんて言えません。
    なにもやってない、なんて恥ずかしくて言えませんね。
    そう言おうものなら「あいつはうそつきだ。」と思われかねません。
    だから、頑張らざるをえなくなります。
    夢は、みんなの前で言えば、ぐっと迫ってきます。
    それは、ちょうど、レストランや食堂に行って、かつ丼を食べたいなあと思っているときに
    「かつ丼」と言えば
    かつ丼が出てくるのと一緒です。
    言えば、夢がかなうのです。
    だから、これからも夢をもって、多くの人にその夢を伝えましょう。


     
    posted by: ffumys | 小学校 | 07:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |